私にとってのブログとは…

こんばんは(^^)

今日は、夕方にふと思い浮かんだことを書かせていただきます。

タイトルの通り、『私にとってのブログとは…』

これは、今まで情報を受け取る側だったときに感じていたことなのですが…

私はブログ(SNSなども含め)を読むことで、

  • 現実逃避ができていた(良い意味で)
  • 他の世界との繋がりを確認することができた
  • 今、自分が居る/目にしている世界以外にも、世界は存在していて、安心できた
  • 私は生きている、他の人も存在しているとホッとした
  • 私が経験していないことも、知ることができて嬉しかった、ワクワクした

こんな気持ちを感じていました。

パッと思い出すのは、子どもを出産した後

長男出産後、初めての育児に右往左往。

(次男を出産後も同じように感じていました)

子どもと2人で過ごしている時間が息苦しくなることがありました。

目の前で遊んでいる我が子がいるのに、途方もなく悲しくなったり、不安になったり。

私、何してるんだろう?と、自己否定の気持ちが出てきたり。

世界に2人しかいない気分になって、急に心細くなったり。

そういった時は、外出して外の空気を吸いに行ったこともありました。(抱っこ紐でお散歩、すぐ近所のコンビニだけ、とかもあった)

ベランダに出て、深呼吸したこともありました。

そんなとき、スマホを触ると無限の世界が広がっていました。

私は、それに心底ホッとしたんです。

あ、私とこの子以外にも世界は存在していて。

私は1人じゃないよね、と思えた。

ブログの世界が羨ましい、というよりは、ホッとしていました。

情報を知ることができた、とかじゃなくて、

その人の日々の日記や起こった出来事であっても。

疑似体験したような、

この人も生きてる、

私も、生きてる。そう思えた。

だから、私は日々の日記ブログも大好きです。

だから、私も残しています。

そして、また頑張ろうと現実に戻ってくることができた

スマホでブログやSNSを見て(読んで)

安心して。

息苦しさが少し軽減していって。

大丈夫、生きてる。

世界は存在している。

独りじゃない。

そう思って、また現実の世界に戻ってくることができました。

だから、もし、同じように息苦しくなっている人がいたら…

少しでもホッとできるようなブログを残していきたいと思っています。

今日も最後までお読みくださり、ありがとうございました(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。